×
HOME>ホットトピックス>様々な不調の原因になることがあるので注意が必要

医療機関を探す

脳のレントゲン

顔面麻痺や聴力低下、めまいなどの原因は様々なことが考えられますが、聴神経腫瘍もこれらの症状の原因になることがあります。不快な症状を緩和させるためには専門の医療機関を探して受診をすることが必要になってきます。

専門医の重要性

聴神経腫瘍は専門医でなければ、診断を確定させることができないことがあります。単純なめまいとして診断を下す医師もおり、めまいを緩和させるための薬を処方しても全く改善しない場合があります。ですから専門医を探し、その上で治療を行うとよいでしょう。医療機関によって、治療法が異なってくることもあるので、自分に合う方法を探すということも大切になってきます。様々な治療法の中から自分に合う方法を選択出来ればよいでしょう。

どんな治療法があるのか

聴神経腫瘍は悪性のものではなく、良性の腫瘍とされているので、ガン化をしてしまうことはあまりないようです。切除をする方法を取ったほうが一番よいとされていますが、その大きさによっては切除以外の治療法を行うことがあります。大きさや症状によって個人差があるので、まずは診断を受けることが大切です。治療法によって費用も異なってくるので、事前にどんな治療法があるのか調べておくのもよいでしょう。

広告募集中